2017 01123456789101112131415161718192021222324252627282017 03

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

シナモンレーズンロールの作り方♪

今日はシナモンレーズンロールの作り方をご紹介します(^^)

薄く、長く伸ばした粘土を↓のようにくるくると巻いていきます。

Cimg8980.jpg

くるくる巻いた形が崩れないように、ボサボサ筆で質感を付けます。

Cimg8982.jpg

次に爪楊枝でつつくようにして、くるくる巻いたところを少し広げておきます。

Cimg8983.jpg

乾燥したら焼き色を付けます。

Cimg8988.jpg

くるくる巻いて広げた部分に焦げ茶の絵の具でシナモンを入れていきます。
筆ではなく、爪楊枝でやるとやりやすいです。
その後、ニスを塗っておきます。

Cimg8993.jpg

エポキシ樹脂に白で色を付けて、表面に塗ります。
樹脂が乾かないうちにあらかじめ作っておいたレーズンをのせて出来上がりです!

Cimg8996.jpg

普通のシナモンロールなら、レーズンなしでもいいと思います。
レーズンの代わりに刻みナッツでもいいかもですね~。
私はレーズンが好きなのでシナモンレーズンにしました(^^)


ランキングに参加しています
    よろしければポチっとお願いします
  にほんブログ村 ハンドメイドブログ 粘土細工・ミニチュアへ
にほんブログ村
   
  
スポンサーサイト

チョコデニッシュの作り方♪

かなり久しぶりですが、ざっくりと作り方をご紹介♪

チョコデニッシュです(^^)

まず、中に入れるチョコを作ります。

デニッシュ生地は伸ばした粘土をカッターで正方形にカットします。

Cimg8976.jpg

デニッシュの質感をつけていきます。
裏、表にボサボサ筆やハブラシでとんとんとたたくようにして生地の表面の
質感をつけ、サイドはカッターを押さえ付けるようにしてスジを入れて
生地が何層にも重なっているようにします。

Cimg8978.jpg

対角線上にチョコを置いて、角を重ねます。
(チョコ、粘土が重なった部分はボンドを付けてください)

Cimg8979.jpg

↓焼き色を付けるとこうなります。

Cimg8984.jpg

前回の作り方ではアクリル絵の具を使っていましたが
最近はこちらの↓焼き色の達人を使っています!
仕上がりはアクリル絵の具とそれほど変わらない気がしますが、
手が汚れにくいし、筆の手入れもしなくていいので便利です(^^)
※付属のチップで焼き色を付けていきます。

Cimg8989.jpg

最後にニスを塗って出来上がりです!
(この後チョコ部分にはツヤなしニスを重ねて塗りました)

Cimg8990.jpg



ランキングに参加しています
    よろしければポチっとお願いします
  にほんブログ村 ハンドメイドブログ 粘土細工・ミニチュアへ
にほんブログ村
   
  

ミニミニクッキーの型♪

久しぶりに作り方というか・・ミニミニクッキーの型のご紹介を。

Cimg8321.jpg

このミニミニクッキーは、ストローで作った型を使って作っています。
これです↓

Cimg8338.jpg

ペンチを使って角になるところをつまんで作っていきます。
外側からつまんだり、内側からつまんだりしています。
くつしたの丸い部分もペンチで力加減をしながら丸めていきます。
・・それだけです・・簡単で申し訳ないのですが、ペンチで適当に作っていっているので
説明のしようがないのです・・(^^;)

失敗してもその部分をカットすればいいので大丈夫。1本あればかなり練習もできます!

この型を使って伸ばした粘土に型取りしていくのですが、
その時にストローに付いてしまって型から外れないときは綿棒でやさしく押しだすと
キレイに取れますよ!


極小マカロンもこのストローを型代わりに使って、普通のマカロンと同じように作りました。
こちらです→ マカロンの作り方

Cimg8325.jpg

作り方は同じでも神経はかなり遣いますよ・・・(^^;)



ランキングに参加しています
    よろしければポチっとお願いします
  にほんブログ村 ハンドメイドブログ 粘土細工・ミニチュアへ
にほんブログ村
   
  

マカロンの作り方♪

<マカロンの作り方>

マカロンの作り方は何通りもあると思いますが、(実際私もその時の気分で
作り方を変えたりします)今回は一番最近作ったマカロンの作り方を
ご紹介しますね。

Cimg6866.jpg

粘土・・モデナソフト
その他の道具・・好きな形のクッキー型、爪楊枝、ボサボサ筆(使わなくてもいいかも)

Cimg6867.jpg

着色した粘土を平らにして(好きな厚み)クッキー型を粘土の途中まで差し込みます。

Cimg6878.jpg

型の回りの余分な粘土を手でちぎるように取り除きます。
こうすることでピエのもさもさ感がいい感じに出てきます。ここでもさもさ感が
あまり出なかった場合はボザボザ筆で加工してくださいね。

Cimg6879.jpg

※袋から出したばかりの粘土はまだ水分が多いので、もさもさが思ったように
出ない場合があります。 その時は粘土をちょっとだけ放置しておくといいと思います。

全部取りました。

Cimg6880.jpg

次に爪楊枝で気泡?を入れていきます。
画像ではまっすぐ横になってますがランダムでつんつんしてくださいね。
この時せっかく出来ているもさもさをつぶしてしまわないように注意!

Cimg6883.jpg

上の画像でも分かるように、マカロンの表面部分がカットしたまま真っ平らになっているので
湿らせたティッシュで表面を覆い、粘土を少し湿らせて指で滑らかにします。
この状態↓でティッシュの上から軽く押さえて形を整えます。

Cimg6872.jpg

↓角が取れて滑らかになりました。
マカロンはスプーンで作っていく方法もありますが、このクッキー型を使ったやり方ですと
好きな形のマカロンが作れると思います。
少し前のハートマカロンもこの方法で作りました。

Cimg6886.jpg

同じようにもう一つ作って、間にボンドジャムやクリームを挟んで出来上がりです。
これはまだ何も挟んでいません・・・。

Cimg6887.jpg

マカロンの皮を作っている時は、ちょっと厚みが足りないかな~と思っていても
2つ重ねるとちょうどいい厚みになります。
でもマカロンは皆さんが作っているだけあって個性も様々。
ころんとしたマカロンがお好きな方、間のクリームはたっぷりホイップがお好みの方、
ピエはもっさもさが好きな方・・色々あった方が楽しいですよね♪



ランキングに参加しています
    よろしければポチっとお願いします
  にほんブログ村 ハンドメイドブログ 粘土細工・ミニチュアへ
にほんブログ村
   
  

フレンチクルーラーの作り方♪

<フレンチクルーラーの作り方>

*準備するもの*
  粘土(軽量粘土+コスモスを半々の割合で混ぜたもの)
  ストロー、スプーンストロー、ボサボサ筆、
  和菓子に付いている串?みたいなもの(画像にあるのはずっと使っているので
  この前半分に割れました・・・)
  セメダインを塗る時に使うヘラ(セメダインに付いているもの)や定規
    
Cimg6491.jpg

黄土色に着色した粘土を丸く、薄くする。
表面をボサボサ筆で処理し、中心をストローでくり抜く。
この時ヘラ(または定規)の上に粘土を置くと後で作業しやすいですよ。
Cimg6471.jpg

スプーンストローのストロー部分を使って、ヒダを付けていきます。
(撮影の為に後からスプーンを置いたのでもうヒダが付いていますが^^;)
↓のように中央から端にむかってスプーンを動かしてくださいね。
スプーンのカーブを利用すると、自然に斜めにヒダが入っていきますよ。
Cimg6472.jpg

ヒダが付きました。
Cimg6477.jpg

↑のままではまだ不自然なヒダなので、↓のようにクシでヒダをなぞりながら
整えていきます。  特に中央や端を整えてくださね。
Cimg6474.jpg

同じものをもう一つ作り、乾燥させて軽く焼き色を付けます。 
Cimg6478.jpg

間にクリームとなる粘土を挟み、チョコレートがけをして乾燥させます。
私は↓のように刺して(苺の模様を描いたネイル用の筆がぴったりでした)
チョコソースを塗って、そのまま乾燥させています。
Cimg6492.jpg

出来上がりました(^^)
Cimg6499.jpg

ここで使用している道具はこれに限らず、身近なもので十分代用出来ると思います。
例えばストロースプーンは同じような形状の使い捨てスプーンだったり、
ネイルチップでもいいと思います。
また、和菓子のクシもなければ爪楊枝を使うなど、
身近にあるものでいろいろ試すのもおもしろいと思いますよ(^^)

ランキングに参加しています
    よろしければポチっとお願いします
  にほんブログ村 ハンドメイドブログ 粘土細工・ミニチュアへ
にほんブログ村
   
  













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。